「ほっ」と。キャンペーン

Google先生は空気を読まなくなったようです

私は生きてます

1ヶ月ほど放置したからって「死んだんじゃね?」とか思った人、一人ずつ前に来やがってください
私は生きてますよ



皆さんご存知かもしれませんがGoogle先生には翻訳機能があります
英語を日本語にしたり、日本語を英語にしたりその他の言語にも対応していてすっごく便利です
しかもこの翻訳機能は実に空気を読んでいるもので、
剛田武を英語にすると『Jaian』って出てきたり、ギャル曽根を英語にすると『Sone Natsuko』って返されます。実に空気を読んでます
いや、正しくは空気を読んでいた(過去形)と言ったほうが正しいでしょう

今日久しぶりにGoogle翻訳を開いたら、なんかバージョンアップしてたっぽいので、ためしに『剛田武』と入力すると、

Wu Gang Tian

って返されました
ギャングって訳する辺りGoogle先生のセンスが光ってます
でもできるならもっとわかりやすくしてほしかった


次に『ギャル曽根』と入力すると、

Gal Sone



そのまんまやん



ちなみに『紅の豚』と入力すると、以前同様『Porco Rosso』って返ってきます
その辺はまだ空気が読めるようです

結論:
Google先生は微妙に空気を読んでる
[PR]
by karuloss | 2008-05-11 22:48 | 日記
<< 今日の行動を3行で書いてみる 私カルロスは技術の無さを設備の... >>