ペパーミントデー ハッカが特産品の北海道北見市まちづくり研究会が1987年に制定

近頃テレビでよく「デカ盛り」の食べ物をよく見る
デカ盛りというのは「このデカさはないだろ」って思えるくらい常識を軽く打ち砕くほどの大盛りのことである
テレビで見てると「コレくらいなら俺でも食えそう」とか軽い気持ちで考えることもあった
まさか今日、そのデカ盛りを食うことになろうとは誰が予測したであろうか……




部活の先輩たちに連れられて名古屋市某所にある「CATS CAFE」で夕食(でも注文するのはデザートオンリー……)をとる
注文したのはアンビリーバブルというその店で一番デカイパフェ
そのデカさは……









e0049849_23523416.jpg



(比較対象 10円玉)(ゴメン この画像じゃ大きさがわかりにくいのでは? って載せてから気付いた……)
なに? このネタにしかならないようなデカさは……
最上部はフルーツとかケーキとかクリーム、真ん中はアイスクリームとフルーツ、最下層はアイスとコーンフレーク、と大まかに分けて3層で構成されております
ネタにしかならんデカさを笑いつつ、腹も減ってたということでこのデカパフェを貪る男5人
最初のカルロスの心
「お、美味い美味い。5人もおるしこれならいけるやろ」
3分の1くらい減ったときのカルロスの心
「ちょっとアイスの冷たさと甘ったるさが気になるけどまだ食える」
3分の2くらい減ったときのカルロスの心
「米食いたい!! 甘ったるくてちょい気持ち悪い!! 胃がもたれる!!」
もともと甘党でもないので後半になってくると結構キツイ
それでもなんとか(5人がかりで)完食


e0049849_034061.jpg


これが火事場のクソ力です!w
やはり先輩方は何度か経験しているからか少し余裕の表情を見せていました。流石と言おうかなんと言おうか
とりあえず私としては腹を壊さないことと糖尿病にならないことを祈るのみです……
[PR]
by karuloss | 2006-06-20 23:41 | 日記
<< 国連憲章調印記念日 1945年... 京都府開庁の日 1868年閏4... >>