砂漠化および干ばつと闘う世界デー 1994年の国連総会で制定。国際デーの一つ

今日は講義もないのに実感教育なるものがあるので大学へ
内容は「糊を使わずに数学的観点から折り紙で正多面体を作る」
コレだよ。こうゆうのがやりたくて数学科に入ったようなもんだし(エ!?
どんなことするのか期待に胸膨らませ教室に行ってみると……


1年俺一人かい!!


他の人たちはみんな大学院生5人(たぶんみんな数学科 無論初対面)でした。おかげでずっと緊張しっぱなし
そんな状態で折り紙開始。昔からこういうのは好きだったし楽勝だろと思ったら……

少しのズレが死を招くとはだれが予測しようか(エ!?

無論ホントに死ぬわけじゃありませんよ?(アタリマエダ
ただ、「作ろうとした立体」は死にますw
しかも予想以上に難しい。さらに自分自身物覚えが悪いから何度か同じことで先輩に世話になりました。迷惑かけたね先輩☆(チッタアハンセイシロ

苦闘の末正12面体が完成
達成感に浸っていると


朝あんなに晴れてたのになんで雨降ってるの?

カバンに入れて持ってかえる→糊付けしてないので中で分解すること間違いなし
手で持って帰る→雨の餌食
よって泣く泣く分解してカバンに詰めました。証拠写真がないのはそのためです
でもまぁ楽しかったから無問題ということで
皆さんも機会があれば数学的に折り紙を折ってみてはいかがでしょうか?(ナニヲイットルカ

あと、外国人に折り紙を折って見せるとすごくビックリするらしいですよ?
手品みたいだとまで言われるそうです。先輩が言ってました
[PR]
by karuloss | 2006-06-17 23:14 | 日記
<< 京都府開庁の日 1868年閏4... 小さな親切の日 1963年、「... >>